FC2ブログ

ショウのブログ★女性用性感マッサージ師の施術体験録 新宿・大塚

都内で女性専用の性感マッサージをはじめて15年以上になります。性感マッサージをやり始めた頃のこと、性感マッサージを通して見出したこと、生と性…。当時感じたことをメモを片手に書いています。現在もリピーターさんを中心に新宿・大塚エリアで活動中。性的な内容を含むため18歳未満の閲覧は禁止とさせていただきます。 ※無断転載厳禁。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひかるさん その3

ひかるさん その1
ひかるさん その2
の続き

姿勢を確認していただいた後、水分補給などを経てオイルマッサージ、性感マッサージとなる。
最初におこなうマッサージである程度“仕上がっている”場合、オイルマッサージはより刺激量を少なくしていく必要があるとわたしは考えている。
刺激の量が多すぎるとそれは疲労につながるからだ。
ひかるさんの場合も最初のマッサージでよい具合に整っていたのでオイルマッサージは背部以外は刺激を抑え気味におこなった。
腸の状態がよいのだろうか、ひかるさんの肌はキメが細かく肌年齢はきっと10歳以上は若いんだろうと思った。

背面のオイルマッサージが終了する頃、後ろから身体を密着させていただいた。
一瞬きゅっと固まった感じがあったが「大丈夫ですか?」と問いかけると「はい」という返事があり、そのまましばらく身体を合わせ呼吸を合わせていくと、ゆるゆると緊張がほぐれていくのがわかった。
とくに初めての方の場合に(必ずではないのだけど)このような時間をつくることがある。
別に手で揉みほぐすことだけがマッサージではないのだ。
ひかるさんのように不安が強い方の場合、有効な一手となることもある。

その後仰向けになっていただく。
足と脚、お腹、わき腹、そしてバスト周囲をオイルでマッサージしていく。
すでに性器からは愛液が糸を引いていたが、まだそこには触れていない。
バストの周囲を丁寧に、時折わき腹に移ったり、、、を繰り返し、ようやく乳首に触れた。
きゅっと勃起するのがわかった。

両手でバストを愛撫していたのを左手だけにし、右手は下腹部に移動する。
お腹や骨盤まわりをやさしく撫でて準備が整っていることを確認。
性器に触れた。
ファーストタッチなのでかなりソフトに。
ひかるさんも声が出ている。

濡れも充分でソフトタッチであったが、しばらくするとひかるさんから「少し痛いです」との訴えがあった。
強かった、か。
ひかるさんは「わたしクリトリス大きくないですか?」とか「オナニーしすぎで大きくなってしまったのでしょうか?」という質問?が何度かあった。
大きいか小さいかで言うと標準的なサイズよりは大きめかもしれないけど、けっして極端に大きいとは思わない。
それとオナニーの仕方によってはたしかに大きくなることはあるのかもしれないけど、その場合は刺激に対しても強くなるような気がしていた。
なので、オナニーのせいで大きくなったというのは考えにくかった。

ちなみにひかるさんの仰る「痛い」は、包茎の男性のおちんちんの皮を剥いて今まで何も触れたことがないところに直接刺激をされる痛さ、と言うと、もしかしたら伝わりやすいかもしれない、とくに包茎の男性には。
かくいうわたしも、仮性包茎時代に皮を剥かれ、直接触られて何か痛いような変な感じになった経験があるので、ひかるさんの仰っていることが想像できた。
そしてこのわたしの仮性包茎という経験がひかるさんに対しても役立つことになった。

続く

※※※

性感マッサージについての問い合わせは
handpower_2@hotmail.co.jp までお願いします。
※Yahooメール、docomoメールの方とのメールトラブル(不着など)がございます。
出来ましたら別のアドレスを取得していただきましてご連絡ください。

はじめて性感マッサージをお考えの方はぜひこちらをお読みください。
はじめて性感マッサージを受ける方へ
わたしの性感マッサージの詳細はこちらをお読みください。
性感マッサージについて

性感マッサージ

ひかるさん その2

ひかるさん その1
の続き

指定された部屋に着きチャイムを鳴らした。
、、、。
すぐにドアが開いたのだと思うが、けっこう時間が経ったような感覚があった。
ドアの向こうにはひかるさんがいらした。
簡単な挨拶を交わし部屋に通していただいた。

ひかるさんは(これを見てくださってるから書くわけじゃないけど)綺麗な体型で、聞いていた年齢(40歳)よりも5歳若い感じの方だった。
おそらく何かスポーツをされているのだろうか、、、とうかがうと、学生時代は球技を、今はときどきヨガをなさっているとのことであった。

メールで打ち合わせをしてあり、ひかるさんは既に入浴を済ませていただいていて、わたしの入浴ということでお風呂をお借りした。
お湯を溜めておいてくださったのですぐに入ることができた。
体を温め、清め、施術をスタートした。

まずはひかるさんの姿勢のチェックから。
会ってすぐに緊張のある方というのがわかっていたので、その説明と姿勢のお話をした。
マッサージでは首と肩の緊張をゆるめること、その緊張を生み出している元を緩和することを目標に置いた。

すでに「ひかるさん その1」で書いた通り、とても不安でいらしたことをマッサージ中も仰っていた。
わたしに脅されるのではないか?
ナイフを持っているのではないか?
外国に売り飛ばされるのではないか?
と、想像力がとても豊かでちょっと可笑しかった。
ひかるさんは既婚者なのであるが、「今回性感マッサージを受けに東京に行くというのを夫にも伝えてあります。」と仰っていたのも、わたしの依頼者さんの中ではめずらしいケースだなと思っていた。

もう一つ、これは初めて言われたことで、わたしも意外なことがあった。
わたしに依頼を決めた理由の一つが「無店舗型性風俗特殊営業届を出していないから」というもの。
聞き違いかなと思って、再度聞いてみると「届けを出していないから信用できると思った」ということであった。
これはどういうことなのか。
ひかるさんの考えはこうだった。

「届けを出していない施術者の方が出している施術者よりも普通は安心材料は少ない。
でも、届けを出していないのに長いことやっていて、リピートされる方もいらっしゃるというのは、技術や人間性が高いからなのでは?」
というもの。
自分で書いてて恥ずかしくなる文章であるが、要約するとこのようなことを仰っていたと思う。
会っていないのに中身を見て(見ようとして)くださったのだなと思った。

さて、そうこうしているうちにマッサージも終盤に。
楽しくおしゃべりをしながら進んでいて(他にもいろいろ、ひかるさんの恋のお話とかお仕事のこととかあったけど割愛)、楽しいマッサージとなった。
最後に首をゆるめ、頭のいい位置をつくり、一度立ち上がってもらった。
姿勢が最初と比べて変わっている。
肩がすとんと落ち、力みが抜けたのがわかる。
ひかるさんも納得してくれたようだった。

続く

※※※

性感マッサージについての問い合わせは
handpower_2@hotmail.co.jp までお願いします。
※Yahooメール、docomoメールの方とのメールトラブル(不着など)がございます。
出来ましたら別のアドレスを取得していただきましてご連絡ください。

はじめて性感マッサージをお考えの方はぜひこちらをお読みください。
はじめて性感マッサージを受ける方へ
わたしの性感マッサージの詳細はこちらをお読みください。
性感マッサージについて

ひかるさん その1

体験談は通常は依頼が終了した方の中で印象に残っていた方を書かせていただいているのだが、たまに依頼継続中の方で書いて欲しいと言われることがある。
今回もそのようなリクエストをいただいた。
まだ最近、ほんの2週間ほど前にはじめてお会いしたひかるさん(40歳・既婚者)のお話。

わたしの依頼者さんの中でははじめての、北陸地方からいらっしゃった方だった。
遠方からの依頼者さんの場合、お仕事やら遊びやら何か他の用事と合わせてご依頼いただくことがほとんどであるが、後からわかったことだけど、ひかるさんはわたしのマッサージのためにわざわざ来てくださったのだそうで、とても感激したのであった。

ひかるさんは性感マッサージを受けるのははじめてだそう。
メールで問い合わせをいただいた際に、不安な気持ちをお話してくださった。

・個人情報が漏れてしまうのでは
・わたし(ショウ)が怖い人なのでは
・知らないうちに撮影されたりしてしまうのでは

だいたいこのような不安であったと思う。
これはひかるさんに限らずだが、ときどき同様のご心配をされる方がいらっしゃる。

個人情報というのはその方が特定できてしまうものであるが、わたしの性感マッサージではお名前や年齢とメールアドレス以外は基本的にわたしが知るものはない。
お名前は本名であろうがハンドルネームであろうが確かめようがないものであるから、適当に名乗ってくれて構わないと思っている。
アドレスもフリーメールアドレスを推奨しているので、個人情報はほぼわたしには伝わらないまま施術を受けていただく形になる。

次に、わたしが怖い人かどうかは事前に確かめようがないので、会ってみるしかないのであるが、今まで依頼をくださった方々はブログを読んでいただきあるいはメールでのやり取りを通じてどんな人間か(少なくとも害はないであろうこと)を感じていただけたのだろうかと想像する。

最後に、撮影についても多くの場合は路上にて待ち合わせをし、一緒にホテルに行く形を取っている。
これがわたしの施術所などにお越しいただく形だと不安は大きいものになるかもしれないが、一緒にホテルに行くことで事前にセッティングできないようにしているし、必要であればバッグの中を見ていただくことも良しとしていると言うことを伝え、安心してもらっている。
今回はひかるさんが既にチェックインされた部屋に訪問する形であったため、不安も最小限にとどまったのではないかと想像する。

「ホテルは当日の午前中にメールします。」とひかるさんからお約束の数日前にメールがきていた。
お部屋はともかく、ホテルも教えてもらえないというのは、やはりその日までに最終決断を伸ばしていたのだろうか。
午前中から新宿に来てはいたが、もしかしたら今日は無しになってしまうかもな、、、そんな気持ちもありつつ、ひかるさんからのメールを待っていた。

知人と食事をしていた時にメールがきた。
ホテル名が記載されていた。
ルームナンバーはまた後で送ってくれるということであった。
不安があるとあった。
わたしが怖い人だったら、ナイフで脅されたら、などの文面があってちょっと可笑しくて笑ってしまった(失礼!)。
ご本人とすれば真剣なんだよな、と思い、普段こういうことは書かないのだけど「わたしは優しいとよく言われますよ、安心してお受けくださいね。」みたいな返事をして続報を待った。

食事が終わり、ホテルに向かっている時に続報が届いた。
メールのやり取りをしているうちに指定されたOホテルに着いた。
はじめて行ったシティホテルでとても綺麗だった。
ルームナンバーを知らせていただいたので、わたしも少し緊張しながらそちらに向かった。
依頼者さんの不安とは比べようもないだろうが、わたしもはじめての方と会うときは緊張するのである。
「今からお部屋にうかがいます」とエレベーター内でメールをし、深呼吸を数回繰り返した。

続く

※※※

性感マッサージについての問い合わせは
handpower_2@hotmail.co.jp までお願いします。
※Yahooメール、docomoメールの方とのメールトラブル(不着など)がございます。
出来ましたら別のアドレスを取得していただきましてご連絡ください。

はじめて性感マッサージをお考えの方はぜひこちらをお読みください。
はじめて性感マッサージを受ける方へ
わたしの性感マッサージの詳細はこちらをお読みください。
性感マッサージについて

イクこと

※今回は体験談ではありません。

17年ほど性感マッサージをしてきて感じることがある。
いろいろなことで我慢を強いられてきた(であろう)方、幼少期の生育環境に大きな影響を受けた(であろう)方、恋愛や結婚においてパートナーと対等な関係を築けずにいる(であろう)方、、、などなどお話をうかがってわかることや性的なマッサージを施していても伝わってくるものがある。
それらが直接的なブレーキになっているのかわからないけれど、自分を解放するというのが苦手な方が多い印象である。

わたしの仕事柄、依頼内容の上位にいつもくるのは「イッてみたい」「イク感覚を味わってみたい」である。
そのたびに「頭で考えないで感じてみましょう」とか「イクことは結果論ですから気持ちよさを味わってくださいね」などとお伝えしているのだが、すぐにコツをつかむ方もいればなかなか難しいという方もいる。

はじめての依頼からほぼ月に一回継続して受けてくださってもうすぐ丸2年になる依頼者さんがいる。
依頼内容の一つに「イク感覚を知りたい」というのがあった。
初回はイケなかったが2回目でイクことになった(それ以降は毎回)。

今では体中のいたるところが性感帯となって各所でイクことができる女性となったが、先日の性感マッサージにおいて『わざとイカないようにしてみよう』というのに挑戦してみた。
結果イカなかった。
これをわたしは興味深く思った。
彼女が言うには「気持ちよさの波が何度も来るのでその波に乗るとイク、だから乗らないようにしてみた」なのだそう。

これはつまり、イク・イカないを決めているのは女性側にあって、イケないで悩んでいる女性は知らずに「イカない方」を選択してしまっているのではないかということ。
男性側がイカせてるのではないということ。
以前から思ってたことだけどイクことができたのはその女性の能力で、男性がやっているのは変性意識状態という環境づくりなんでしょう。
今回はそれが実証された気がした。
この環境づくりをしっかり行うこと、女性は自分を委ね全解放することで「イク」は達成できるし、さらに男性と恋愛的感情でつながることができるとオーガズムを得るところまで行けるのだと思う。

※※※

性感マッサージについての問い合わせは
handpower_2@hotmail.co.jp までお願いします。
※Yahooメール、docomoメールの方とのメールトラブル(不着など)がございます。
出来ましたら別のアドレスを取得していただきましてご連絡ください。

はじめて性感マッサージをお考えの方はぜひこちらをお読みください。
はじめて性感マッサージを受ける方へ
わたしの性感マッサージの詳細はこちらをお読みください。
性感マッサージについて

悦子さん その2

悦子さん その1
の続き

うつ伏せのオイルマッサージが終わり、仰向けになっていただく。
このとき悦子さんははじめてわたしが全裸だったと気づいたようだった。
わたしはお送りしたメールに書いてあるのでてっきり読んでいただいてたと思っていたのだが、ちゃんと伝えておかないといけないなと思った。
しかし悦子さんはたくさんの性感マッサージ師を自宅に呼んで施術を受けてたくらいのハートの持ち主なので、特に不信感を与えてしまったわけでもなさそうであった。

仰向けでのオイルマッサージそして性感マッサージへ。
バスト周囲を丁寧に撫でていくと悦子さんが興奮していくのがわかる。
鎖骨や腕、首に行き、またバストに戻る。
そして良いタイミングで乳首に。
自宅だというのにちょっと心配なくらい声が出ている。

おっぱいのマッサージから正常位のスタイルで首や肩こりの施術に移行。
これは多くの女性が肩こりも解消しつつ感度も上がるという優れ技である。
おちんちんが当たらないようにだけ気をつけているが、そもそも勃起しないので問題はない。

そしてここからお腹、下半身へと手が伸びていく。
性器の周辺をソフトなタッチで指が通過する。
もうグジュグジュな感じだったのでクリトリスにも比較的早めに触れてみると、触れてすぐにイッてしまった。
中にも入れてみましょうか?と尋ねると、うんという返事が。
念のためローションを少量取り進入した。

いくつかの気持ち良さそうなポイントを、悦子さんの様子を見ながら確認していく。
ここは気持ちいいですか?と聞いてみることもある。
明らかに気持ちがいい場所とここはそうでもないのかなというところがあった。
そこで気持ちよいところを刺激していき、途中で少し場所を変えて他の部分も気持ちよくなっいただくようにしてみた。
何度かそれを繰り返し、いわゆるGスポットと呼ばれている場所で都合5回イクことができた。

ここまででおおよそ2時間くらいであろうか。
悦子さんにお聞きするともう充分に満足とのことで終了となった。
悦子さんは煙草に火をつけて、わたしは飲み物を飲みながら少し話をした。
「わたしおまんこの中がすごくいいってよく言われるの。今まで来た性感マッサージの人とかホストの人とかみんな本番していったんだけど、ショウさんはしないの?」と。
わたしは薬を飲まないと勃起はしないので「EDなんです。すみません。」と言ったが、正直言うと本番したくなかった。
このときばかりはちんこが勃たなくて本当に良かったと思った。

たしかに膣の中のねっとり吸い付く感じとか挿入したら気持ち良さそうだなとは思うが、わたしという人間としたいのではないのだろうし、ちんこを挿入してもらうことで承認欲求を満たしているような気がして悲しかったし、おそらく避妊具も用意してないことだろうし(わたしは一応持っているが)、誰とでもしているということはとても危険なんだろうなといういろいろな考えが一瞬で頭の中に湧き出て、この場にいるのがとても苦痛に感じた。

ここから先はあまり会話の内容を覚えていない。
たぶん15分くらい話をして服を着て帰った。
“気”が合わなかったといえばそれまでだけど、それでも及第点のつく性感マッサージとなったと思う。
その証拠に後日リピートの依頼をいただくことがあった。
しかし、丁重にお断りしたのであった。

終わり

※※※

性感マッサージについての問い合わせは
handpower_2@hotmail.co.jp までお願いします。
※Yahooメール、docomoメールの方とのメールトラブル(不着など)がございます。
出来ましたら別のアドレスを取得していただきましてご連絡ください。

はじめて性感マッサージをお考えの方はぜひこちらをお読みください。
はじめて性感マッサージを受ける方へ
わたしの性感マッサージの詳細はこちらをお読みください。
性感マッサージについて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。