FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちかさん その1

ここのところ性感マッサージじゃないブログだったり、性感マッサージでも上手く行かなかったことだったりが続いたので、上手く行ったときの話も書いておこうと思う。
妻と他人棒に書き込まれていたのを見て、私がメールしたもの。

内容は凡そこんな感じだったと思う。
「妻に性感マッサージをお願いします。妻がOKだったら最後まで。」
何だか夕刊紙の3行広告のようで、いたずらのようにも思ったのだけど、メールをしたらすぐに返事がきた。

ご主人によると、奥様は何度か掲示板経由で性感マッサージを受けているとのこと。
そして今回珍しかったのが、ご主人は同席しないというものだった。

ご主人の希望は、私がビジネスホテルを予約し、そこで待機。
→メールでご主人に部屋の番号をお知らせする。
→ご主人から奥様に部屋の番号を連絡
→奥様が1人で部屋に来る。
というシナリオ。

私はけっこう自分では慎重に事を運ぶタイプだと思っていて、この計画には賛成できなかった。
まず、1つは愉快犯の場合だ。
部屋を取ったはいいが、奥様は来ないということが可能性としてある。
次に、怖い人の場合。
部屋で待っていて、女性と一緒に怖い人が来たら困る。
そんなわけで、外での待ち合わせを提案した。
ご主人は最終的にOKしてくれた。

待ち合わせは某駅交番前。
ご主人からのメールで、奥様の服装などを知る。
時間少し過ぎたくらいに、それらしい女性がうろうろしている。
あの人かな?
声をかけようと思ってそばに行ったら、タクシーに乗り込んでしまった。
そうやら人違いだったようだ。

時間は10分くらい過ぎただろうか。
ご主人から再度メールが来て、もう着くと思いますとのことだった。

しばし待つと、来た。
すごく綺麗な女性だ。
本当にこの女性だろうか?
まっすぐに私の方に歩いてくる。
目が合って、発声しかけたところで向こうから「ショウさん?」と言われた。
無事に会うことができた。

つづく

※※※
ただいま性感マッサージのご予約は6月まで一杯となっています。
それ以降で性感マッサージをお考えの方は以下のページをご覧ください。
性感マッサージのご依頼についてはこちらのページをご覧ください。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

- 1 Comments

-  

KEYWORDS:

1970/01/01 (Thu) 09:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。