FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちかさん その2

「ショウさん?」と聞かれた。
「ちかさんですか?」とこちらからも確認を取ると、???という顔。
ああ、ご主人から聞いてたのは仮名だったのか。当たり前かもだが。
なのであらためて「○○さんの?」とご主人の名前を出すと、ハイとのこと。
無事会えてよかった。

念のため周りをうかがうと、本当にちかさん1人の様子だ。
ホテルに歩いて行きながら雑談をする。
よくこういうマッサージは受けるのですか?とか、いつも1人で受けるのですか?など。
ちかさんからは、主人の趣味なんです(*´д`*)みたいな返事だった。
なんともエロいオーラを放つ女性だと思った。

ホテルに到着。
11月だった。寒かったのでお湯を張る。
湯がたまるまでまた雑談。
今度は私の過去の性感マッサージ体験などを話した。
ちかさんは興味深そうに聞いていた。

お湯がたまったので入浴を。
一緒に入りませんか?と聞くと、ちょっと困り顔だったので別々で。
最初にどうぞと言われたのでお先に失礼する。
これから女性の体に触れるので、しっかりと温め、清める。

風呂を出て、今度はちかさんが入浴の番。
その間にベッドの準備をする。
オイルを使うのでタオルをセッティングするのだ。
そして入室時につけたエアコンのチェック。
裸になるので、暖房は温度を最高に上げておく。
暑く感じるくらいでちょうどいい。

そのうち、ちかさんも出て来てマッサージスタートとなった。
まずは浴衣の上から背中、腰と揉んでいく。
肩や腰の張りがあるが、ご本人は自覚はあまりないそう。
外周りをする仕事だそうで、ふくらはぎの疲れが気になるのだそうだった。
腰から足にかけても丁寧にじっくりとゆるめていく。

一通り終えたところで今度は仰向けに。
足から上がっていき、骨盤、股関節、お腹へ。
お腹のマッサージはこの頃重視していた。
後からわかったことだが、お腹をよくやっておくと、ポルチオにも効果があったのだ。
知らないでやっていたが、なんだか反応が良かったのでお腹、お腹と思っていた。

お腹から胸へ。
胸といっても、乳房ではなく、鎖骨や肋骨だ。
ここをゆるめておくと、リンパの流れがよくなる。
左の鎖骨は下半身のリンパ領域に関係しているので、しっかりと。
そして、両腕へ。

本当は首もやっておきたかったが、狭い部屋なのと時間の関係でオイルに。
オイルはこの仰向けのままスタートすることになった。
浴衣の紐を緩め、前を開けると、ほどよく肉付きのよい体が。
なんと、おまんこの毛が無い。パイパンだった。
パイパンの件をお聞きすると、ご主人に剃られたのだそうだ。

足からオイルを使いながら上がっていく。
太腿、骨盤。
恥骨の辺りも注意深く撫でていく。
性感になる前から声が出てきた。
感度も良好の奥様である。

またもやお腹をゆっくりとマッサージ。
お腹から肋骨を一本一本とたどって、バスト周りに。
私の右膝はちかさんの股間の辺りにおいていたのだけど、膝がおまんこに触れた瞬間、冷たいものを感じた。
すでに溢れていたようだ。

しかし、まだ性感の前に鎖骨をやっておきたい。
鎖骨の周辺、首を緩めた後に、バストにいく。
声がひときわ大きくなる。
バストが感じるようだ。
集中的に撫でていた、自分でも気づかないうちに、自然に性感マッサージのタッチになっていた。

つづく

※※※
ただいま性感マッサージのご予約は7月まで一杯となっています。
それ以降で性感マッサージをお考えの方は以下のページをご覧ください。
性感マッサージのご依頼についてはこちらのページをご覧ください。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

- 1 Comments

-  

KEYWORDS:

1970/01/01 (Thu) 09:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。