FC2ブログ

寝取られ趣味のご主人 その2

いよいよマッサージ当日となった。
それまでに長いこと打ち合わせを重ねていたのが形になる日。
私は朝からドキドキしていた。

こうじさんご夫婦はその日お子さんを預け、3人で会うということになっていた。
作戦は以下のようなもの。
こうじさんからなるみさんに、「通常料金2万円のカップルマッサージが今だけお2人で5000円」というキャンペーンに当たったと伝えてもらう。
なるみさんは以前から肩こりや腰痛で悩まされているため、たぶん大丈夫だろうと。
受ける場所は、新宿のシティホテルをデイユースでとなった。 

カップルマッサージといっても、施術者は私だけで、一人ずつしか対応が出来ない。
最初になるみさんには待っててもらってこうじさんの施術をする。
そして、次になるみさんの施術のときに、会社から緊急の電話が入り(←うそ)、こうじさんは退出。
なるみさんと私だけ残り、そこからマッサージをスタートさせるということに落ち着いた。
やはり、こうじさんが目の前に居る状況では無理だと、男2人で至った結論だった。
また、撮影も絶対になるみさんに気づかれないようにということであったが、それは無理だろうということに。
代わりに、音声を撮るということで納得していただいた。

ホテルのロビーで待ち合わせ。
時間通りにこうじさんたちが現れ、問題なくお会いできた。
なるみさんは、育ちの良いお嬢さんなのだろうか、すごく上品な女性に見えた。
この品のある女性を寝取らせたいとか、こうじさんは真の変態なのだなと思った。

部屋に入る前に、私だけ少し遅れて行くことになっていた。
お2人で最初に部屋に入っていただき、シャワーを浴びていただくというものだった。
私の場合この日は部屋でのシャワーは借りるとおかしいので、事前に新宿のネットカフェでシャワーをしておいたのだ。

約束の時間になり、エレベーターで目当ての部屋にうかがう。
先ほどお会いしたので幾分気持ちは落ち着いているが、やはり緊張する。
チャイムを押すとこうじさんが出てきてくれた。
どうやら、私が来るまで2人でキスをしたり、こうじさんの欲望をぶつけていたようだった。
これは打ち合わせになかったことだったが、なるみさんの顔を見てすぐにわかった。

さて、あらためて挨拶をかわし、さっそくこうじさんのマッサージから。
一通りのマッサージの後、あまりしたくはなかったのだが、計画を実行するためにこうじさんのオイルマッサージを。
男性の体はやはり触っててもあまり気持ちよくない。
しかし、手を抜かずにしっかりと終える。

ここでこうじさんはシャワーへ。
なるみさんと2人となる。
なるみさんとお話をして間を持たせようとしていたのだが、なるみさんの顔が緊張しているのがわかった。
会話はあまり意味を成さない感じがした。
私の準備が終わり、なるみさんも自分の番と思われたところで、ベッドに横になるように声をかけた。
それまでの緊張していたお顔が少しふっきれたのか、リラックスしてるように思えた。

 続く

※※※
ただいま性感マッサージのご予約は8月まで一杯となっています。
それ以降で性感マッサージをお考えの方は以下のページをご覧ください。
性感マッサージのご依頼についてはこちらのページをご覧ください。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

1 Comments

-  

KEYWORDS:

1970/01/01 (Thu) 09:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment