FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処女喪失依頼 その7

処女喪失依頼 その1 
処女喪失依頼 その2 
処女喪失依頼 その3 
処女喪失依頼 その4 
処女喪失依頼 その5
処女喪失依頼 その6
の続き

Yちゃんの膣の中に指を這わせる。
すでに挿入する前から可愛らしい声が漏れ出ていたのだが、それを聞いていたSちゃんが一言「わたしもそんな可愛い声が出せたらな、、、」とつぶやいていたのが記憶に残っている。

膣の中の気持ちのよいポイントを探し、そこを丁寧に施術をする。
片手で膣を、もう片手はバストの周辺や鎖骨、首筋に触れながら、戻ってきては乳首に刺激を。
そして時折舌を使って乳首やお腹を愛撫していく。
それを繰り返していく、、、が絶頂には至らない。
Yちゃんの様子を見ながらも時間は経過し、施術は終了となった。

イクことができればそれに越したことはないが、イカずに終わることも多々ある。
その時にどうやって終了を迎えるかというのは、性感マッサージを10年以上やってきてはいるものの、いつもここは難しい場面だなとおもうところである。 

SちゃんYちゃんともにマッサージを終えて、それぞれの感想をうかがったりして、その間に浴槽にお湯を張る。
溜まったところでYちゃんに1人でお風呂に入ってもらった。
わたしとSちゃんはベッドでお話をしていたのだが、少しの沈黙のあと唇を重ねていた。
Sちゃんの身体をまさぐり、先ほどとはペースも強さも変えて愛撫をする。
Sちゃんの性器はまたもやぐっしょりと潤っていた。
ほんの少しだけ乱暴な感じを演じてみたのだが、Sちゃんはそれを受け入れてくれたようだった。

風呂場の戸が開き、Yちゃんが戻ってきた。
SちゃんはYちゃんが戻ってきたのに気づき、わたしにそれを目で訴えていたが、止めることはしなかった。
そのまましばらく愛撫は続いた。わたしもYちゃんをチラっと見てアイコンタクトで「今こんな感じ」というのを送った。

最初の時よりも短い時間だったとおもうが、Sちゃんへの愛撫が終了。
Yちゃんには部屋で待っててもらい、Sちゃんと入浴をすることに。
Sちゃんが「Yに悪いよぉ」と言っていたのが可愛らしく感じた。

わたしたちの入浴も終わり、3人でホテルを出たとき、外はなんとも言えないよいお天気だった。
2人はラーメンを食べにいくということで駅周辺で別れたのだった。

後日談になるが、わたしはYちゃんにこのようなメールを送っていた。
あの日はSちゃん中心になってしまったが、申し訳なかったということを。

これはYちゃんの意図をわたしが汲んでのものだったのだが、後半については完全にアドリブだったからだ。
だが、Yちゃんからのお返事は「わたしのおもっていたことを実践してくれてありがとうございました。」というものだった。
お2人がイクことはかなわなかったが、最低限の仕事はできたのかなという思いであった。

処女喪失依頼終わり

※※※

性感マッサージについての問い合わせは
handpower_2@hotmail.co.jp までお願いします。
はじめて性感マッサージをお考えの方はぜひこちらをお読みください。
はじめて性感マッサージを受ける方へのご注意点    
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

- 3 Comments

-  

KEYWORDS:

1970/01/01 (Thu) 09:00 | EDIT | REPLY |   

なづな  

こんばんは。
今回のショウさんのブログを読んでて、私も彼女もイクことをしらなかった時、「いつまで触ってればいいのか」と彼女に聞かれたことを思い出しました。
私が20代の時は、触られても、濡れないし気持ちいいのかもわからないでした。イクなんて、言葉も知らなかったです。
ショウさんのマッサージで多くの女性がイケるようになるといいですね(^O^)。

2016/02/13 (Sat) 03:01 | EDIT | REPLY |   

ショウ  

なづなさん
ありがとうございます。
こころとからだがますます関係してきそうですね。
今回、前回と久しぶりの更新だったのですがお読みくださりありがとうございました。

2016/02/13 (Sat) 19:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。