FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見学会・講習会 その2

見学会・講習会 その1
の続き 

見学会からさほど経たないうちに講習会となった。
講習会のモデルさんは過去に見学会でお願いしたことのあった女性。
講習会は初めてであった。

当日、講習希望者Yさんと待ち合わせて新宿のホテルに行く。
この日はモデルさんのAちゃんが後からホテルに来る形になったため、おじさん2人でラブホテルに行くという状況になってしまった。
ちょうどフリータイムの2部スタート時刻だったので部屋を選ぶタッチパネルの前には数組のカップルが居たが、思っていたほど世間の目は冷たくなかった。 

部屋に入りAちゃんに部屋番号を連絡。
すぐに来れる距離のところに居た。
そしてAちゃん到着。

挨拶を済ませたところで3人で風呂に入ることになった。
Yさんにはなるべく普段わたしが性感マッサージの依頼者さんにおこなっていることを見て欲しかったので、だいたいいつもの流れで女性の体を洗ってあげたり、というのをYさんと一緒にやった。

風呂から出たところでまずは普通のマッサージをする。
これもいつもの流れである。
ここについては過去の性感マッサージ講習会の参加者さんにはけっこう重点的にやったところなんだけど、今回は思い切ってここは省略した。
理由は、普通のマッサージはたかだか数時間の講習ではそんなに上手にならないだろうし、今回はYさんがその後の予定もあってコンパクトな会になったためだ。
その分オイルマッサージから性感マッサージにかけてを重視する内容になったが、これが自分でもよかったように思う。
今後もしまた講習会を開催することになったら、このスタイルで行こうかと思う。

オイルマッサージは、わたしがAちゃんに施したようにYさんにもやってもらう。
Aちゃんには良いとか悪いとか、こうしたら気持ちいいとか、遠慮なく言っていただく。
そんな感じで裏面と表面とやった。
今回はどこをどう触るかというのもいくつかご紹介したのだけども、その元になることをやった。
これはたぶんこういうセックス系のセミナーでは教えてない部分じゃないだろうか、と思ってる。
どこどこを触ると気持ちいいですよ、こんな感じで触ると気持ちいいですよ、というのはよくあるだろうけど、正直それは人によっていろいろだから絶対的な正解ではないのだ(ある程度はそれでいけると思うが)。
それよりも、自分がどうあればよいかという部分に意識を向けるとそれだけで触り方は変わってしまうのだ。
答えを言っちゃうと、自然と入ってしまう力みを抜くということ。
これがいつもできるようになると、触り方は上手になる。
わたしもまだまだだけど日々向上したいと願っている。

その後性感マッサージへ。
もうオイル時に丁寧にAちゃんに触れていたので“出来上がっている”状態だ。
どこを触れてもAちゃんは感じてしまうモードに入っていた。
後でAちゃんからも言われたけれど、いきなり性器に触れたところでこうにはならない、やっぱりそれまでのマッサージでありオイルマッサージがあってこそ、と。
よく理解していただいてて嬉しかった。

乳首や性器に触れると、Aちゃんの声も体もそれに応えてくれている。
Aちゃんからはキスと本番はNGと連絡があったのでキスはしない形であったけれど、クンニはYさんに聞いてみたらしたいということであったのでさせていただいた。
舌を使う際も基本的には脱力である。
弱く弱く、とにかく弱く行く。
人によってはもっと強いほうが好みという人ももちろんいるだろうから、その場合は強くすればよい。
弱くできれば強くすることもできるが、逆は実は難しい。
そして、体が弱い刺激を拾えるようになってくると強さというの自体もあまり関係なくなってしまうのだけど、とりあえず今回はそこにまでは行かない感じ。

クンニそして膣内への指の挿入など、Aちゃんの好みを聞きながらYさんが一生懸命になっている。
わたしは今回は性器はほとんど触れておらず、性器への触れ方などは主にAちゃんが先生となって教えてくれていた。
Yさんもとても熱心にそれを聞いて実践していた。
このような感じでこの日の講習会は終わった。

その日の晩にYさんからご丁寧なメールをいただいた。



結婚して20年になり今も週に1度程度セックスをしていてなおかつそれをよりよい物にしたいと思えるなんて、とても一生懸命な方だなとあらためて思った。
今回の講習会が何か一つでも役に立てたら嬉しい。

そして翌日Aちゃんからもメールをいただけた。



Aちゃんの心遣いにも感謝であった。
乳首への愛撫やクンニ中に小さいイキは何度かあったように思っていたが、やはりそうだったようだ。
今回は口の中も少し指で愛撫するというのをしてみたが、それもいいとこまで行っていたと思う。
Yさんにもこのことを伝えたところ自信につながったようであった。
皆さんが喜んでくれたよい講習会であった。

見学会・講習会の話終わり

※※※

性感マッサージについての問い合わせは
handpower_2@hotmail.co.jp までお願いします。
はじめて性感マッサージをお考えの方はぜひこちらをお読みください。
はじめて性感マッサージを受ける方へのご注意点     
わたしの性感マッサージの詳細はこちらをお読みください。
性感マッサージについて
 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

- 1 Comments

-  

KEYWORDS:

1970/01/01 (Thu) 09:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。