FC2ブログ

陽子さん<第2部・新たな体験> その5

陽子さん<第2部・新たな体験> その1
陽子さん<第2部・新たな体験> その2
陽子さん<第2部・新たな体験> その3
陽子さん<第2部・新たな体験> その4
の続き 

その4の補足
陽子さんからいただいたメールにあった「心が痛い時は身体から、身体が痛い時は心から 名言ですね。」は、ちょうどその頃やっていたTwitterのアカウントでつぶやいたことについて陽子さんが見てくれての返しだったと思う。
心の専門家は心を、身体の専門家は身体を見ていくことが多いと思うのだけども、実はちょっと切り口を変えることでも大きく変化することが往々にあるということを言いたかったんだと思う。
どういう意味ですか?という質問があったので書いておきます。

陽子さんのご主人を交えての性感マッサージはその後もあった。
ご主人が入ってきての3Pというのは最後までなかった。
そのうちご主人は見に来なくなり、わたしと陽子さんだけで会うという日も出てきた。
一応ご主人公認という形だ。
依頼はご主人からあり、やり取りを済ませた。
「奥様をお借りします。」というわたしからのメールに興奮していたということだった。

ある時、以前も見学会にいらっしゃった東北地方在住のKさんから連絡があった。
また見学したいという内容。
陽子さんに声をかけてみたところ興味あるということだった。
ご主人に聞いてみるとご主人も乗り気である。
話はとんとん拍子で進み当日を迎えた。

Kさんにはわたしの性感マッサージを見学してもらった。
残念ながらこの日陽子さんはイクことはなかった。
が、Kさんは興奮してベッドの近くに来て目の前で陽子さんの淫らな姿を凝視している。 
陽子さんはKさんを受け入れ、Kさんが陽子さんを愛撫するという形になった。
わたしはそのうちのいくつかを写真に残した。
ご主人に見てもらうためだ。
寝取られるのが趣味の方は、こういうので興奮することがけっこうあるのだ。
Kさんの立派なおちんちんを懸命にしゃぶる自分の妻の写真を見て、ご主人はどう思うだろうか、、、。
たぶんそんなことを想像しながら写真を撮っていた。 
あとから陽子さんに教えてもらったことだが、ご主人はとっても興奮してたということだった。
少し前までごくごく普通の奥様だった陽子さんであったが、この1年~2年弱くらいの間でいろいろな経験をしていた。

そしてこの見学会から2回目の性感マッサージ。
この日陽子さんとの最終回を迎えた。
陽子さんはある方に恋をした。
わたしとお会いしたのは、その恋が終わった直後だった。

とても感度のよかった陽子さんであったが、こうも変わるものだろうかと思うくらい反応は薄かった。
人間は物理的な刺激だけでは快感を得られないというのがよくわかる。
性感マッサージは中断となり、陽子さんからセックスを求められた。
しかし、わたしも頭の中が混乱していて気持ちは頑張ろうとしているのだが、こっち(ここで下を向く)が頑張ってくれない。
セックスはできず、ハグをしてお話をした。

本当は前回の性感マッサージを最後にしようと思っていた、とか、いろいろなことをうかがった。
ご主人とのこと、お仕事のこと。
陽子さんの夢とか、、、。

お会いしなくなってしばらく経つ。
陽子さんから学んだことはたくさんある。
性感マッサージを体験したことで、陽子さんにも何かしら得たものがあったらよいなと願うばかりだ。

陽子さんの話終わり

※※※

性感マッサージについての問い合わせは
handpower_2@hotmail.co.jp までお願いします。
はじめて性感マッサージをお考えの方はぜひこちらをお読みください。
はじめて性感マッサージを受ける方へのご注意点     
わたしの性感マッサージの詳細はこちらをお読みください。
性感マッサージについて
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

1 Comments

-  

KEYWORDS:

1970/01/01 (Thu) 09:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment