FC2ブログ

処女まなさん その3

処女まなさん その1 
処女まなさん その2
の続き。

これからオイルマッサージそして性感マッサージへと進む。
性感マッサージのあとはセックスをすることになっているので、ちゃんと仕事を成し遂げるためにED治療薬を飲んだ。

オイルマッサージは下半身から行った。
首周り肩周りの緊張も取れていたので先ほどと比べると全体的にリラックス感がある。
性的なことをする上でもリラックスしていただくのがまずは段取りになる。
最初のタオル越しのマッサージでもうすうす感じていたのだが、まなさんとても感度がよい様子。
まだ性的なマッサージをしていないのに感じてしまう箇所があったようだ。

背中と腰をオイルでマッサージしながら「この感度では大丈夫なのではないか」と、少し早めに仕掛けてみた。
身体を時にビクビクさせながらもわたしの手を受け入れるまなさんを見て、わたしも愛しい感情が芽生えてくる。
これは恋愛感情とは別のものであるが、この時間に発生してくれることで性感マッサージがよいものになることはこの頃はまだわかっていなかったと思う。
後日代々木忠さんの『つながる』を読んで、知らないうちに自然とやっていたのだと理解した。

仰向けになってもらう。
既にこの時点で性器はぐっしょりとしていたが、性器には触れずにオイルマッサージを続けていく。
「そうだね、触って欲しいよね、まだ触らないけど」とちょっとイジワルなことを頭の中で思いながら、際どいところを指先がツーっと通るたびに反応する身体を、そして表情を見ながら、淡々と先に進んで行く。
バストの周りを円を描くようにすると吐息が溢れてくる。
とても可愛らしい。

それでも乳首には触れないまま先に進み、肩こりを治すための体位、これは性感マッサージでしか使えない体位なのだけど、この状態になって首筋にキスをしてみた。
よい声を出しながらまなさんは受け入れてくれた。

首筋や鎖骨、耳の周りなどに舌を這わせ、頃合を見て唇に触れる。
NGではなかったのだがどうだろうか、、、しばし唇同士を合わせているとまなさんの舌がわたしの舌と絡み合ってきた。
この時点でわたしも勃起していた。

キスを堪能しながらバストやわき腹、お腹にソフトなタッチで触れていく。
唇も徐々に下にずれていき、乳首を舐め上げる。
「ああぁぁぁぁ、、、」と素敵な反応を見せてくれるまなさん。
本当に気持ち良さそうだ。
処女なのが不思議であった。

性器に触れるよ?と聞くとコクリと頷く。
ドロッドロに濡れていて濡れは充分であったが念のためにローションも足していく。
クリトリスが気持ちいいらしく、指と舌とでクリトリスにソフトな刺激を入れていく。そして今までずっと守られてきた膣内に指を挿入することを伝えた。まなさんもそれを待っていたようだった。

しかし次の瞬間、指が入りにくい形であるのがわかった。
そのままスッと入らない形状。
ちょっと痛みを感じさせてしまった。
ストレートでは入らないのだ。
2段階右折のような感じで角度を考えながら行かなくてはならない構造であった。
それがわかってからは指も挿入することができた。
開かずの扉を開くための第一関門を突破したのであった。

続く

※※※

性感マッサージについての問い合わせは
handpower_2@hotmail.co.jp までお願いします。
はじめて性感マッサージをお考えの方はぜひこちらをお読みください。
はじめて性感マッサージを受ける方へのご注意点     
わたしの性感マッサージの詳細はこちらをお読みください。
性感マッサージについて  
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

1 Comments

-  

KEYWORDS:

1970/01/01 (Thu) 09:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment