FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃子さん その1

わたしは性感マッサージをやるようになって15年以上経つけれど、このブログを立ち上げた2013年まではわたしの存在を知っていただくツールがなかったためまったくの無名であった(今も有名というわけではないが)。
2013年11月にブログを開設し、過去の体験談などを投稿していくとアクセス数が増えていき、今までだったら出会うこともなかったであろう遠方の方からも依頼が来るようになった。
と言っても飛行機や新幹線を使って東京まで来てくれる方はそんなに多くない。年に数人である。
だからなのか、尚更印象に残る。 
桃子さんもそんな数少ない遠方からの依頼者さんの一人であった。

「仕事で東京に行く用事があるので、その日に性感マッサージを受けられますか?」
このような内容のメールがきたのが最初であった。
メールで希望などをうかがっていくと、
・中イキ、クリイキしたことがない。
・途中で止めてと言っても止めないで欲しい。
・自分じゃないくらいにエロくなってみたい。
・NGは痛いこととアナル。
・クンニ好き。
・本番希望
このような感じであることがわかった。

約束の日。
この日わたしはトリプルヘッダーであった。
別のブログ記事でも書いたことがあるが、ブログを開設してから一時的に依頼がブワッと増えてしまったことがあった。
上手く依頼状況をコントロールすることができなくて、新規の方の受付を制限したりしてた頃だ。
性感マッサージが忙しく、一日休みの日は今回のように3人の施術をするということもあった。
午前中に一人、午後に一人、そして夕方から桃子さんであった。

すでに新宿のラブホテルBに入室しているとのことで、メールで聞いていた部屋へ。
問題なく対面ができた。
桃子さんはわたしよりも一つくらいだろうか年上で、既婚者だ。ご主人とは別居しているとのことだった。

いつものように一緒に入浴をし、体を洗わせていただく。
首や肩の緊張がよくわかる。
桃子さん今日はこのままBに宿泊をするとのことで、頭も洗うという。
体は洗わせていただくことが多いが、頭はあまりない。
せっかくなので頭もシャンプーをさせていただくことにした。
頭を洗ってあげるのも気持ちがよい。
強さや痒いところが無いか確認しながら、美容室で洗ってもらったのを思い出しながらやってみた。
けっこう思ってる以上にしっかり洗って大丈夫であった。

入浴が済み、水分を補給し、これからマッサージという状態になった。 
それまでニコニコ楽しそうにしていた桃子さんの表情が変わり、緊張が見えた。

続く

※※※

性感マッサージについての問い合わせは
handpower_2@hotmail.co.jp までお願いします。
はじめて性感マッサージをお考えの方はぜひこちらをお読みください。
はじめて性感マッサージを受ける方へ   
わたしの性感マッサージの詳細はこちらをお読みください。
性感マッサージについて  
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

- 1 Comments

-  

KEYWORDS:

1970/01/01 (Thu) 09:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。