FC2ブログ

ともみさん その2

ともみさん その1
の続き

オイルマッサージでは、最初はホテルの浴衣?(ルームウェア?なんていう呼び方が正しいのか未だにわからない)を袖を抜いていただいて羽織っていただき、うつ伏せからスタートすることが多い。
徐々に着ているものは肌蹴ていく形になるが、常連さんで慣れてる方とか暑がりの方を抜かすとだいたい何かかけている。
そして肌の露出が多くなる時にわたしも全裸になる形である(全裸に抵抗ある方はその限りではない)。
ともみさんは施術者が全裸になることに抵抗があるということで、最初にNG指定されていたので、着たままで行った。

足からはじまる。
色白で肌がすべすべでオイルがよく馴染む。
最初のマッサージでよい状態にもっていけたので、オイルマッサージでは特に気をつける部分はなかったと記憶している。
浴衣を着たままなので袖が時々当たってしまうことだけ気になっていたが、背面は終了した。
お互いに全裸になっている場合は呼吸を合わせるために背面時に密着することもあるが、今回はそれはしなかった。

仰向けになっていただき再び足から。
今度は性器の周辺もしっかりとオイルマッサージをしていく。
ともみさんは恥ずかしい気持ちが強いようで、何かを我慢している感じであった。それは最後まで続いた。
しかし、膣からは愛液が分泌しているのを確認できた。
お尻の方まで垂れていたのだった。

それを確認しつつオイルマッサージは続く。
骨盤やお腹、肋骨と上がっていき、バストの周囲をマッサージする。
恥ずかしい気持ちがここでも伝わってきた。

「大丈夫ですよ。恥ずかしいことないですよ。もし気持ちよい感じがあったら声を出してもいいんですよ。何も心配ないですよ。」と声をかけ、しばらくバストを撫でていた指を乳首に当ててみた。
ビクッと身体を震わせながらもわたしの指を受け入れてくれた。
乳首を触りながらまた腋に指を這わせ、そこからわき腹に。
そしてその流れをしばらく続けたあと、性器の周辺にもって行った。

先ほど溢れていたのをすくい上げて大陰唇に塗りつけるように撫でてみた。
ともみさんは興奮しているようではあるが、静かにそれを受け入れてくれているだけであった。
「ローションを使いますね。」
そう言ってローションを取り、適量を塗布する。
クリトリスをそっと撫でるとビンビンに硬くしているのがわかった。

クリトリスの頂点を通過させながら上下左右に優しいタッチを繰り返す。
徐々にではあるがともみさんの口から吐息が漏れ、そして喘ぎ声も聞こえてきた。
さらに続けていくとガクガクッとなったところでタップが入った。
「ちょっと待ってください。」と。

おしっこがしたくなったとのことだった。

膣内を刺激しているとおしっこしたくなるという方がいる。
膀胱付近が圧迫されるか、圧迫をしていなくても膣内で収縮が起こって膀胱を圧迫してしまうのかと思う。
クリトリスでもそういうことがある。
そして実際に何かが出てしまう人もいるし、感覚だけの人もいる。
だからともみさんにも「出ちゃってもいいんですよ。ここ(ホテル)はそういう場合でも大丈夫なようにシートを下に敷いているんですよ。」と伝えたのだが、我慢しなくてはならないというスイッチが入ってしまったようで先ほどまでの良い感じはなくなっていた。

そこでいったん休憩を取ることにした。

イケない女性の多くは、何かを我慢してしまっているということがある、そんなことを感じた。
全解放できると、我慢や気遣いやいろいろなしがらみを気にせずにいられると、イキたいという気持ちもイカなくてはという思考もここでは不要で、そういった全ての抑圧が解放できてさらに相手と溶け合うことができると、イクということはそんなに難しくないと思う。

ともみさんにはオナニーをぜひして欲しいということを伝えた。
これは物理的な刺激で性的な気持ちよさを経験して欲しいということで、自分でできることである。
もう一つは精神的なものが関係してきて、こちらは過去の自分の在り方なども関係してくる部分で少し難しい。
難しいけれど、取り組んでいくことでわたしではなくても誰かと心からつながれる人ができたら、その時は自分を解放して欲しいということも伝えた。

休憩後にもう一度続きをしましょうか?と尋ねると、今日はもう大丈夫ですとのことであった。
その目は待ち合わせ直後よりも輝いて見えた。

後日、ともみさんから再度の依頼があった。
同じような流れで行った。
わたしが全裸になることは許可が出た。
わたしがやりやすいので有り難いというのがあるが、もう一つは前回の様子を見て安心してくれたのだろうと嬉しく思った。
そして、2回目の性感マッサージで同じくクリトリスのところでおしっこが出そうと告白をされた。
休憩してトイレ行きますか?と聞くと、大丈夫ですとのこと。
苦しそうな声ではあるが、まだ何か我慢しているようではあるが、少なくとも前回よりも良い感じだ。
後ろからクリトリスを優しく刺激するのを続けていると、「うぅ~~~」という声と共におしっこが出て、ガクガクと全身を震わせながら初イキを達成することができたのであった。

終わり

※※※

性感マッサージについての問い合わせは
handpower_2@hotmail.co.jp までお願いします。
※Yahooメール、docomoメールの方とのメールトラブル(不着など)がございます。
出来ましたら別のアドレスを取得していただきましてご連絡ください。

はじめて性感マッサージをお考えの方はぜひこちらをお読みください。
はじめて性感マッサージを受ける方へ
わたしの性感マッサージの詳細はこちらをお読みください。
性感マッサージについて
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

Leave a comment